敏感肌

敏感肌の症状をチェック!肌トラブルの改善策はあるの?

敏感肌になると様々な肌トラブルに巻き込まれてしまいます。そして症状も様々ありますので、敏感肌になっていいことはありません。

ですが、「私って敏感肌なのかな?」と疑問に思う方もいます。今まで敏感肌だと思っていたのに、実は違ったとかその逆もありますよね。

なので自分が敏感肌なのか、そしてそもそも敏感肌って具体的にどんなものなのだろうか?について紹介します。

さらに敏感肌ならではの肌トラブルの改善策について紹介します。

敏感肌って何?

敏感肌というのは皮膚の一番外側の角質層の保水力が低下して肌のバリアが通常通りの機能がされていない状態のことを言います。これは角質層の細胞間を満たして水分を保っているセラミドという成分が足りないから起こってしまうのです。

普通の肌は汗と皮脂が混ざり合って皮脂膜ができて、肌の表面を守ってくれています。そのため体の洗いすぎは皮脂を落としすぎるので肌トラブルが起きやすくなるんです。お笑い芸人の大久保佳代子さんも体をよく洗うのは2日に1回と言っていました。それは皮脂を落としすぎないようにするためです。

敏感肌はその皮脂膜のバリアが十分に昨日しないため外からの刺激に弱くダメージが大きくなります。なので少しの刺激でも肌トラブルになりやすくなります。

普通の肌は弱酸性で善玉菌が多くある状態になります。そして逆に悪玉菌が増殖されにくい環境になっているので、普通にしていればニキビが出来にくいです。ですが、敏感肌は皮脂膜が正常に機能しないのでアルカリ性側に傾いてしまいます。

アルカリ性の肌はこんなに危険!

敏感肌の方は皮脂膜がうまく機能しないのでアルカリ側に傾いていきます。

そしてアルカリ肌になるとニキビだけではなく乾燥しやすい肌になってしまったりシミやシワなどができやすくなってしまいます。

敏感肌によくある肌トラブルとは?

敏感肌はちょっとした外からの刺激だけでも反応をしてしまいます。そのため敏感肌の人はニキビや湿疹などは外からの刺激が原因だと言ってもいいくらい刺激に弱いのです。

敏感肌の肌トラブル症状一覧
  • 肌の乾燥
  • ヒリヒリとした痛み
  • 肌のかゆみ
  • ニキビ
  • 赤み
  • 吹き出物

敏感肌の方は外からの刺激でこれらの肌トラブルが起きます。そして上記の肌トラブルになってしまうと肌の回復力も落ちてしまうので、肌が乾燥したら次にニキビや湿疹ができてしまったなど、肌トラブルが次から次へと起こってしまうこともあるのです。

敏感肌が原因の肌トラブルの改善策は?

敏感肌をケアしてあげる時に大事になってくるのが『保湿』です。保湿は肌ケアの基本的なことなのですが、敏感肌の方は特に意識して保湿をしっかりしてください。

敏感肌というのは皮膚の一番外側の角質層の保水力が低下して肌のバリアが通常通りの機能がされていない状態のことだと先ほど紹介しましたよね。角質層の保水力を回復させて肌のバリアをよくするためには保湿が欠かせないのです。

敏感肌の保湿の仕方は化粧水で肌に潤いを与えて保湿ジェルでしっかりとフタをするのが大事です。たまに化粧水だけを使っている方もいますが、しっかり保湿ジェルを使わないと、せっかく肌に浸透させた化粧水が肌の温度で蒸発して外に出てしまいます。その時に一緒に肌の水分も蒸発していくので、乾燥しやすくなります。

もし化粧水だけで普段から保湿ジェルを使っていない方は、今は大丈夫でも年を重ねてくると非常に危険です。乾燥はニキビの原因の1つです化粧水しかつけていない方は保湿ジェルもしっかりつけてください。

もちろん顔だけではなく、背中にも同様に化粧水で潤いと与えたら保湿ジェルでフタをしてあげてください。

敏感肌の肌トラブル改善策!
  1. 化粧水で肌に潤いを与える
  2. 保湿ジェルで蒸発しないようにフタをする

たった2つの改善策ですが非常に大事です。

さらに化粧水と保湿ジェルを使うときも肌に刺激を与えないように優しくしてください。やはり、敏感肌でニキビが出来るのは外からの刺激がほとんどなので、ケアの時も優しくしてください。

敏感肌の症状をチェックしてみよう!

もし敏感肌なのかわからないのでしたら、是非この機会に自分が敏感肌なのかどうかをチェックしてみてください。敏感肌とそうでない肌だとケアの仕方や使うスキンケア商品も変わってくるので、自分の肌がどんな状態なのか?敏感肌なのかどうか?を知るのは重要です。

あなたは敏感肌?自分の肌をチェックしてみよう!

普段使う化粧品で赤くなったり腫れることがある
普段使う化粧品で痒くなったり痛みを感じる
化粧品で肌がかぶれたことがある
冬は特に乾燥して、たまに粉をふくレベル
肌が乾燥するとピリピリ痛くなり痒くなる
汗をかくと痒くなる
季節の変わり目は肌の状態が安定しない
日光に当たっただけで赤い湿疹ができてしまうことがある
普段からストレスを感じている
睡眠不足
外食が多い
アトピー性皮膚炎と診断されたことがある

4個以下の方:敏感肌の心配はありません。
5~6個の方:敏感肌の可能性があります。注意が必要です。
9個以上の方:ほぼ敏感肌です。敏感肌専用の石鹸やスキンケアを行ってください。

もし9個以上チッェクがついた方は敏感肌専用のケアをしていきましょう。今までニキビや乾燥などの肌トラブルが起きやすかったのは、敏感肌専用のスキンケアをしてこなかったからだと思います。

関連記事:敏感肌の私が使ってみた保湿ジェルの口コミはこちら

しかし今回のチェックで自分の肌の状態がある程度理解できたかと思います。もし敏感肌で悩んでいたり、自分が敏感肌だとわかっても悲観的になる必要はありません。

しっかり敏感肌専用のスキンケアをしていけば、今よりも肌の状態が良くなり綺麗になるはずです。今まで悩んでいたのはただただ敏感肌専用のスキンケアを知らなかっただけ。これからしっかり勉強して普段の生活に敏感肌専用のスキンケアを取り入れていきましょう!