背中ニキビの原因

背中ニキビの原因菌はアクネ菌ではなくマラセチア菌だった!

背中ニキビ

背中に赤いポツポツができてなかなか治らず悩んでいる方も多いですよね。夏の時期になると露出が増えますので、その分ケアを入念にしている方も増えてきますが、背中ニキビが消えて綺麗な肌になるかはそこまで多くいないのが現状です。

では、なぜ背中が綺麗にならないのかというと背中ニキビができる原因菌を間違えているからというのが考えられます。ニキビができる原因菌はおそらく一度は聞いたことがあるはずです。アクネ菌ですね。このアクネ菌はニキビの原因菌です。しかし背中の赤いポツポツの原因菌はアクネ菌ではないことがあるのです。

赤いポツポツの原因菌はマラセチア菌です。このマラセチア菌はニキビの原因菌ではありません。マラセチア菌はマラセチア毛包炎の原因菌なのです。さらにこのアクネ菌が原因のニキビとマラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎は見た目がものすごく似ています。

背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いを画像で確認する

このように背中ニキビとマラセチア毛包炎は似ているのですが全くの別物です。別物なのでケアの仕方も変わってくるのです。

マラセチア毛包炎の原因は?

背中ニキビ

マラセチア毛包炎はマラセチア菌という真菌が原因で起こる炎症のことを言います。マラセチア菌は人間の皮膚に生存しているものなので、誰でもマラセチア菌を持っています。

そしてマラセチア毛包炎の原因はマラセチア菌が皮膚で異常繁殖してできるのです。マラセチア菌には複数種類があり、マラセチアファーファーという菌がマラセチア毛包炎の原因菌になります。そしてこのマラセチアファーファーは別名『癜風菌(でんぷうきん)』とも言われています。

このマラセチアファーファーが皮膚で異常繁殖するとマラセチア毛包炎になってしまうのですが、このマラセチアファーファーが繁殖する原因は、皮膚細胞を異物と判断し菌を増殖するのです。菌が増殖すると炎症性サイトカインが出ます。この炎症性サイトカインというのは炎症を促進するはたらきがあるのです。

つまりマラセチア毛包炎ができる原因はマラセチアファーファーが皮膚を異物と判断して菌を増やし炎症性サイトカインを出して炎症ができるのです。

マラセチア菌が異常繁殖する原因は?

常に皮膚にいる菌を常在菌と言います。マラセチア菌は常在菌なのですが、なぜ異常繁殖してしまうのでしょうか。その原因はマラセチア菌はカビの一種だからです。

菌はジメジメしている湿度の高い場所を好みます。お風呂は湿度が高いので油断しているとカビが生えていることがありますよね。

マラセチア菌も同様にジメジメしているところを好のみ、特に汗を好むのが特長です。マラセチア菌は汗をそのままにしていると異常繁殖してしまい、その原因はマラセチア菌は皮脂を好むからです。

汗をかいてそのまま放置していると皮脂が肌に付着している状態が続きます。つまりマラセチア菌は皮脂を好みますので、汗をかいてすぐに着替えたり汚れを落とさないと菌が増えてしまうのです。

さらに背中は体の中で特に皮脂が分泌しやす場所なので背中にマラセチア毛包炎ができる率が高いのです。ニキビよりもマラセチア毛包炎になる可能性の方が高いとも言われています。背中はしっかりケアをしていかないとすぐに背中ニキビやマラセチア毛包炎に悩まされることになります。

マラセチア毛包炎を治すためには?

泡石鹸

マラセチア毛包炎を治すにはマラセチア菌の増殖を抑える必要があります。常在菌なので完全になくすことはできませんが、減らすことでマラセチア毛包炎を治すことができます。

マラセチア菌の増殖を抑えるにはニゾラールクリームがオススメです。

そしてマラセチア毛包炎が治まってきたら背中を綺麗に保つ必要があります。汗をかいたら着替えたりすぐに汚れを落とすのは当たり前ですが、その汚れを落とすときに泡石鹸を使うことをオススメしています。泡石鹸は毛穴の奥まで洗浄してくれる効果があるので泡石鹸で背中を綺麗に保つことでマラセチア菌の異常繁殖を抑えることができます。

そして泡石鹸で背中を綺麗にした後は保湿ジェルで肌を綺麗にして下さい。

マラセチア毛包炎で悩んでいる方

ニゾラールクリームで炎症を抑える

泡石鹸で背中を綺麗にする

保湿ジェルで肌を綺麗にする

この流れで背中を綺麗にしていきましょう。