背中ニキビを治す

背中の皮脂詰まりを改善する方法は泡石鹸を使うこと!

背中の皮脂詰まりは背中ニキビの原因となります。背中ニキビは一度できてしまうと綺麗に治すのが大変ですし、最悪の場合背中ニキビが跡になって取り返しがつかなくなるケースもあるので、背中の皮脂詰まりを改善することが大事です。

そこで背中の皮脂はどうやって綺麗するといいのかというと、普段のお風呂で体を洗う時に改善することができます。毎日何気なく背中を洗っていても背中の皮脂は頑固なので綺麗に落ちてくれません。そして暑い時期は特に汗をかきますよね。背中は服を着ているので常に密封状態なので、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。寒い時期は暖房をつけると思うのですが、暖房によって汗をかきますので暑い時期同様に背中が皮脂詰まりになる環境ができやすいのです。

つまり、背中は一年中皮脂詰まりが起こりやすい場所なのです。なので普段のお風呂での背中の洗い方がとても重要になってくるのです。

では、どうやって背中を綺麗に洗えばいいのかというと、泡石鹸を使うのが一番いいのです。なぜ泡石鹸なのか?についてこの記事で紹介していきます。

実は皮脂は背中にいい影響がある!

皮脂は背中を汚くする、ニキビを作る原因だ!と言われています。間違ってはいませんが、皮脂が分泌されると皮脂膜という膜が作られて肌を弱酸性に保つ働きがあります。この皮脂膜というのは雑菌の繁殖を抑えてくれる働きがあるので、実は皮脂は背中を綺麗に保つ働きがあるのです。

ではなぜ、背中の皮脂が原因で背中ニキビができてしまうのでしょうか。それは皮脂が背中の毛穴に詰まり炎症を起こしてしまうためです。

つまり、背中に皮脂はある程度の量は必要です。しかし過剰に分泌したときの皮脂量の場合、背中の毛穴に詰まり炎症を起こして背中ニキビができてしまうのです。

背中の皮脂を抑えることはできない

背中だけではないのですが、皮脂はホルモンが関係していますので皮脂を完全に抑えることはできません。なので背中の皮脂詰まりを改善するためには皮脂の分泌を抑えるのではなく、常に背中を綺麗に保つことが重要になるのです。

背中の皮脂が原因で出来る背中ニキビは皮脂の分泌を抑えるのではなく、背中を普段から綺麗に保つのが重要なので正しい洗い方というのが大事になってきます。そして背中を綺麗に保つためには泡石鹸が一番いいのです。

泡石鹸は普通の石鹸よりも文字どおり泡が立ちやすくなっています。この泡が背中の毛穴の奥の汚れを綺麗に落としてくれるので皮脂詰まりを改善してくれるのです。さらに皮脂は背中ニキビの原因だけではなく臭いの原因にもなります。夏の暑い時期だと汗をたくさんかきますよね。その時に背中も大量に汗をかきますので皮脂が詰まりやすくなります。それを放っておくと背中ニキビだけではなく臭いの原因にもなるので泡石鹸で背中を普段から綺麗に保つようにしてください。

背中の皮脂詰まりを改善する洗い方!

背中ニキビは皮脂が原因でできますが、皮脂を完全に抑えることはできません。なので皮脂による背中ニキビは普段から清潔に保つのが効果的です。そして背中を綺麗に洗う方法は泡石鹸を使って背中の毛穴の奥まで綺麗に清潔にすることです。

ですがただ背中を洗うだけでは皮脂詰まりを改善することはできません。正しい方法で洗わないと背中ニキビがさらに悪化してしまう可能性も出てくるので注意が必要です。

【NG】ナイロンタオルでゴシゴシ洗う

背中の皮脂は毛穴の奥まで詰まっていることが多いのでナイロンタオルなどでゴシゴシ洗う方がいます。しかしこれは今すぐに辞めてください。背中をゴシゴシ洗うのは背中肌を傷付けてしまう可能性が出てきますし、背中ニキビがある状態でゴシゴシ洗うとニキビ跡になる可能性もあるので本当に注意してくださいね。

ナイロンタオルを使う場合は優しく洗うのがいいのですが、優しすぎると背中の皮脂詰まりを綺麗にすることが難しいです。その時は体を洗うときのタオルを変えてみてください。

背中を洗う時は綿やシルク素材のタオルを使うのが好ましいです。もちろん綿やシルク素材に変えてもゴシゴシ洗うのは避けてください。

さらにきめ細かい泡が立つ石鹸を使うのが一番いいです。きめ細かい泡で背中を洗ってあげると毛穴の奥まで綺麗にすることができるので、背中ニキビの原因である、毛穴に汚れが詰まるというのを改善することができるのです。

背中を洗う時は綿かシルク素材できめ細かい泡が立つ石鹸を使って優しく洗ってあげてください

当サイトから引用:すぐ治る!?背中ニキビを速攻の治し方や原因を徹底追及!

ナイロンタオルでは十分に背中の皮脂詰まりを改善することが難しいので綿やシルク素材を使ってみてください。私的にはシルク素材がオススメです^^

背中を洗うときの石鹸は何がいいの?

体を綺麗にするのは石鹸以外にもボディーソープもありますよね。普通に体の汚れを落としてくれるものもありますし、背中ニキビを改善するものもあります。本当にボディーソープや石鹸はたくさん数がありますが、私はNonA(ノンエー)という泡石鹸がダントツでオススメです。このNonA(ノンエー)は顔ニキビに効果的なのですが背中ニキビにも効果が期待出来る泡石鹸なのです。

なので背中の皮脂詰まりを改善して綺麗にするには、NonA(ノンエー)泡石鹸を綿やシルク素材のタオルでしっかり泡を立てて背中を優しく撫でるように洗ってください。泡石鹸の特徴はゴシゴシ洗わなくても泡が毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれる点です。

この洗い方で1ヶ月だけでもやってみると本当に背中が見違えるほど綺麗になるはずです。

背中の皮脂を改善する方法
  • 背中を刺激しないタオル
  • 背中の毛穴の奥まで届く泡石鹸

この2つがあれば背中の皮脂詰まりを改善することができるのです。

背中の皮脂詰まりはNonA(ノンエー)で洗おう!

背中の皮脂詰まりは背中ニキビと臭いの原因になります。皮脂の分泌を抑えれば皮脂詰まりは改善して背中が綺麗になるのではないか?と思われていますが皮脂の分泌を完全になくすことはできないので普段お風呂で体を洗う時に背中を意識的に洗ってみてください

その時に重要なのがゴシゴシ洗わないこと!ゴシゴシ洗うと背中肌が傷つきますし、もともと背中ニキビがある場合は悪化してしまいます。そのためにタオルで優しく背中を洗ってあげたいののですが、優しく洗っても背中の毛穴の奥まで綺麗にすることが難しいのです。さらにナイロンタオルは肌への刺激が強いので使うのはオススメできません。

そこでオススメなのが綿とシルク素材のタオルです。この2つの素材は刺激が少ないので肌へのダメージを軽減してくれます。さらにこの2つの素材のタオルと泡石鹸を一緒に使うと肌へのダメージをさらに減らすことができるのです。

泡石鹸はNonA(ノンエー)がオススメです。簡単に泡が立つのとニキビへの効果が期待出来るのは当然なのですが、個人的に購入してみていいな〜と思ったのが定期コースではないことです。ネットでスキンケアなどやサプリの商品を購入して、実は定期コースだった!という問題が近年多発しているんですよね。

“初回無料””お試し価格”は危険!定期コースの落とし穴・・・。

しかしNonA(ノンエー)は定期コースではなく1つ1つ購入する必要があります。定期的に泡石鹸を使いたい!と思っている方は不便に感じるかもしれませんが、とりあえず1つだけ使ってみようかな?という方にはかなりオススメです。

この定期コースではなというのが私的にオススメです^^