背中ニキビを治す

背中の皮脂を抑える方法は?サプリが効果的って本当?

皮脂

背中ニキビが出来る原因として背中の皮脂が過剰に分泌してしまいその皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こして出来るケースがあります。このケースの場合は皮脂を抑えるか背中を清潔に保つ2つの方法があります。

背中の皮脂を綺麗にする方法はこちら♪

そして背中の皮脂を抑えたいという方には”パントテン酸”という成分が効果的です。このパントテン酸というのは皮脂の分泌を抑えてくれる働きがあるので、背中だけではなく顔のテカリのにも効果が期待出来る成分です。

では、皮脂を抑える方法はパントテン酸が含まれているサプリや食べ物を食べることが効果的なので、パントテン酸が含まれているサプリや食べ物はどんなものがあるのか?について紹介していきます。

パントテン酸とは?

パントテン酸は主に食べ物に含まれている栄養素のことをいいます。糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギーを作り出す時に使う酵素を助ける役割があります。

パントテン酸は皮脂を抑える効果が期待出来るとして有名な成分で実際に背中の皮脂が少なくなった方や顔のテカリが目立たなくなったと効果が出ている方が多くいます。さらにパントテン酸は乳酸菌と一緒に摂ることで、さらに効果が出たという方もいます。

体の基礎代謝が低い場合はパントテン酸が効果的

パントテン酸は代謝を助けるはたらきがあります。体は基礎代謝が低いと皮脂を過剰に分泌させたり、他にも冷え性を引き起こす可能性も出てきます。

冷え性とニキビの関係

冷え性とニキビの関係をあまり重要視していない方も多いのではないでしょうか。しかし冷え性は背中ニキビができてしまう原因の1つなのです。

冷え性になるとターンオーバーが乱れてしまいます。体が冷えると血行が悪くなり毛細血管が縮むので栄養素が細胞に上手く運ばれなくなります。その結果、新陳代謝が低下してしまいターンオーバーが正常に行われなくなるので、古い角質が毛穴の塞ぎ炎症を起こして背中ニキビができてしまうのです。

さらに冷え性になるとホルモンバランスも崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると皮脂の過剰分泌されるので冷え性は背中ニキビの原因の1つになるのです。

なぜ、パントテン酸は皮脂分泌を抑える効果があるのか?

先ほどお伝えしたように基礎代謝が低くなると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。この皮脂はニキビの原因であるアクネ菌が好むので大量に皮脂が分泌されるとそのぶんアクネ菌異常繁殖してしまいます。これが皮脂が過剰分泌した時に背中ニキビが出来る流れです。

代謝が落ちる→皮脂が過剰分泌→アクネ菌が異常繁殖→背中ニキビ発生!

このような流れなので一番最初の代謝を正常に戻すことが重要なのです。その時に効果が期待されるのがパントテン酸ということになります。

パントテン酸は皮脂の分泌を抑える効果も期待出来る他に、コラーゲンを作り出すためにはビタミンCが必要になります。このコラーゲンを作り出す時のビタミンCの補助的な役割もあるのでパントテン酸を摂ることによって皮脂の分泌を抑えるだけではなく肌を綺麗にする役割もあるのです。

さらにパントテン酸はストレスを軽減させる効果も期待できます。ストレスは服腎皮質ホルモンがはたらくことによってストレスが軽減します。この副腎皮質ホルモンのはたらきを促進してくれるのがパントテン酸でストレスを軽減したい!という方たちが「抗ストレスブタミン」とも言われているくらいです。

パントテン酸の効果は皮脂の分泌を抑えるのとストレスの軽減を助けてくれます。そしてパントテン酸は普段口にしている食べ物からでも摂取することが可能です。

パントテン酸が含まれている食べ物は?

パントテン酸が含まれている食べ物は以下のとおりです。

鶏レバー(肝臓)
豚レバー(肝臓)
牛レバー(肝臓)
鶏はつ(心臓)
たまごの卵黄
ひきわり納豆
たらこ(焼)
たらこ(生)
納豆
鶏ささみ
うなぎ(きも)
豚肉(心臓/はつ)
子持ちかれい
すじこ
キャビア
いくら
レバーペースト
鶏むね肉(皮なし)
かも
牛はつ(心臓)
めんたいこ
鶏もも肉(皮なし)
鶏むね肉(皮付)
牛肉(尾/テール)
まつたけ
あわび
モロヘイヤ
生ハム(長期熟成)
鶏もも肉(皮付)
あいがも
あゆ(養殖/焼)
アボカド

引用元:http://vitamin.e840.net/v111219.html

このような食べ物にパントテン酸が含まれています。お肉に含まれていることが多いですね。普段の食事でも十分に摂取することが可能です。特にパントテン酸を取りすぎて問題になるということはないので安心してください。パントテン酸は水産性ビタミンなので取りすぎても尿として流れます。

しかし一人くらいをしている方なんかだと自宅でパントテン酸が含まれている食材を使って食事をするのも大変です。そのような方はパントテン酸が含まれているサプリを使うのが効果的です。

パントテン酸はサプリでも摂取可!

パントテン酸は1日に6.0mgほど必要になります。授乳婦の方だと9.0mgほど摂取する必要があります。この量を普段の食生活で摂るのもいいのですが、サプリで摂るのが一番手っ取り早いと思います。