A評価(購入価値ありの商品)

ミューズ石鹸は背中ニキビに効果がある?危険性や成分を調査!

ミューズ石鹸というと体を洗うときや手を洗う時に使うという印象が強く背中ニキビの予防や改善に使っている人はあまり聞かないですよね。そんなミューズ石鹸がどうやら危険なのではないか?と噂されています。というのも、ミューズ石鹸にふくまれている成分に少し問題が出てきているようなので、さらに詳しく調べてみたいと思います。

さらにミューズ石鹸の口コミや背中ニキビに効果があるのかどうかについても調べてみます。

ミューズ石鹸ってどんな石鹸なの?

ミューズ石鹸は体を洗う石鹸というよりは手を洗う石鹸として作られました。よくCMでも流れていましたよね。そしてオレンジ色の石鹸で他にはない色で目立っていました。よくある石鹸の色は白と黒ですよね。黒色の石鹸は炭や泥が含まれていて汚れを落としたり殺菌する効果以外にも肌の調子を整えたり潤いを与える効果があるものもあるのです。

オススメの石鹸はこちら♪

さらにミューズ石鹸は体臭や汗の臭いにまで効果を発揮するとしてデオドラント効果もあるようです。

ミューズ石鹸の成分が危険って本当?

背中ニキビが治らない

実はミューズ石鹸が今後使えなくなってしまうかもしれない!という意見があります。その理由はミューズ石鹸にふくまれている成分です。

ミューズ石鹸の成分一覧

・トリクロカルバン
・トリクロサン
・エデト酸塩
・ジブシルヒドロキシトルエン
・ポリエチレングリコール
・赤色202号、黄色203号
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸アンモニウム
・香料、パラペン、安息香酸塩、プロピレングリコール、メチルクロロイソチアゾリンオン、メチルイソチアゾリンオン、ベンジルアルコール

ミューズ石鹸にはこのような成分が含まれています。そして危険と言われる理由は厚生労働省が2016年9月30日に出したトリクロサン、トリクロカルバンなど19種類の抗菌成分を含む石鹸などを作って販売している業者に向けて「1年以内に現在販売している商品の代替品の承認申請を行う。」か「承認を受けている商品の承認取り下げの届け出を出す。」ということを告げています。

本年9月2日、米国食品医薬品局(FDA)が、トリクロサン等19成分(注)を含有する抗菌石けんを米国において1年以内に販売を停止する措置を発表しました。
米国での措置を踏まえ、日本化粧品工業連合会及び日本石鹸洗剤工業会は、これらの成分を含有する薬用石けん※に関し、これらの成分を含有しない製品への切替えに取り組むよう会員会社に要請しました。

引用元:厚生労働省「トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します」

そしてミューズ石鹸には厚生労働省が言っている「トリクロカルバン」が含まれているわけです。このことからミューズ石鹸は危険なのではないか?とされています。

ちなみにミューズ石鹸に含まれている成分の「トリクロカルバン」は殺菌効果がありニキビの原因菌にも効果が現れるとして顔のニキビ含めて背中のニキビの予防や改善に使っている方も増えていたところです。

結局ミューズ石鹸の何が危険なの?

ミューズ石鹸の成分の「トリクロカルバン」が殺菌効果があり良いとされていましたが、肌に害のある菌だけでは無く普段から肌に存在する常在菌まで殺菌してしまうことが危険性が高いと判断されました。

確かに雑菌を消し去ってくれるのは嬉しいですが常在菌までいなくなってしまうと、例えば子供がミューズ石鹸を使うと常在菌による免疫システムが成長せず免疫力が育たなくなってしまいます。菌を必要以上に殺菌するのは実は危険なのです。

最近の子供の免疫力が落ちているのは必要以上に手洗いうがいをしているからだという意見もありますよね。もちろん手洗いうがいは大事なことですが、必要以上に常在菌を殺菌してしまうと危険なんです。

ミューズ石鹸は背中ニキビに効果がある?

結論から言うとミューズ石鹸は背中ニキビの原因菌を殺菌することはできるはずです。しかし殺菌だけなので特にミューズ石鹸にこだわる必要はないように思えます。

背中ニキビに効果がある石鹸は探せば他にもあります。殺菌効果があるのは当たり前でそれに加えて背中ニキビを綺麗にするのに必須であるしっかり泡が立ったり保湿効果がある石鹸もあるのです。

なので私ならミューズ石鹸ではなく、殺菌効果に加えて泡が立ちが良い石鹸や保湿効果がある石鹸を選びます。

ミューズ石鹸の評価はA評価(購入価値ありの商品)

私的にはミューズ石鹸にこだわる必要はないと思うのと殺菌以外の効果がある石鹸は他にもあるということでA評価にしました。決して効果がない石鹸というわけではなく、殺菌効果以外の効果もある石鹸は他にもあるよ!という意味でA評価です。

AAA評価の石鹸を見てみる