背中ニキビに効果的なボディソープはある?市販は危険って本当?

      2017/08/17

普段何気なく使っているボディソープ。背中ニキビができた時は背中ニキビ専用のボディソープを使った方が治りやすいのでしょうか。市販のボディソープはあまり使わない方がいいという話も聞いたことがあります。

  • 背中ニキビができたら専用のボディソープを使うべきか?
  • 市販のボディソープは危険なのか?

この2つについて紹介していきます。

Sponsored Links

市販のボディソープは背中ニキビができた時は危険性が上がる・・・

普段使っている背中ニキビ専用ではない普通のボディソープの裏面には以下のようなことが記載されていることがあります。

肌に傷や湿疹などがある場合はボディソープの使用を中止してください。

このような記載があることがあります。この傷や湿疹というのはもちろん背中ニキビも含まれます。なので背中ニキビができている時は普通の市販されているボディソープを使うことは危険なのです。

市販のボディソープを使うのは少し危ないと話を聞いたことがあったのですが、調べてみるとしっかりボディソープの裏面に記載されていたことに驚きました。

もし背中ニキビが治らず悩んでいる方は今まで通りのボディソープを使っていませんか?使っている場合は背中ニキビができた時専用のボディソープを使うことをオススメします。

なぜ市販のボディソープを使うと危険なの?

背中ニキビは炎症を起こしている状態です。抗炎症作用があるボディソープや石鹸を使う必要があるのですが、普段使っているボディソープはいい匂いがするように化合物が含まれています。さらに爽快感が味わえるように様々な成分が含まれているので、余計に背中ニキビに刺激を与えてしまうのです。しっかり洗うことができるものの背中ニキビを綺麗に治すということを考えると市販のボディソープは適切ではありません。

もちろん市販のボディソープが全て背中ニキビを悪化させてしまうということではありません。背中ニキビに効果がある、または炎症を抑えてくれるボディソープがあれば市販でも使用可能です。

背中ニキビに効果がある市販のボディソープは?

背中ニキビに効果があるボディソープは市販でも購入ができます。そしてどのようなボディソープが効果があるかというとグリチルリチン酸2Kが含まれているボディソープです。この成分は先ほども紹介した抗炎症作用がありますので配合されているボディソープを使うとニキビの炎症を抑えることができます。

関連記事:グリチルリチン酸2kの背中ニキビへの効果は?副作用はあるの?

市販のボディソープを選ぶ時はグリチルリチン酸2Kが含まれているか?で決めるのがいいです。では、グリチルリチン酸2Kが含まれている市販のボディソープはどんなものがあるのでしょうか。

アクネオフ デコルテケアボディソープ

【有効成分】イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】K石けん用素地、ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ジステアリン酸グリコール、柿タンニン、グリシン、濃グリセリン、クエン酸Na、硫酸Zn、桃葉エキス、茶エキス-1、リンゴエキス、柚エキス、クマザサエキス、チンピエキス、ヘチマエキス-1、オクラエキス、レモン果汁、ヒマワリ油-1、BG、PG、無水エタノール、エタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液、EDTA-4Na、塩化Na、香料、pH調整剤

引用元:商品情報:アクネオフシリーズ

アクネオフ デコルテケアボディソープは肌の洗浄を行ってくれることはもちろんのことニキビ対策のボディソープとして人気です。抗炎症作用もありますし殺菌作用もあるので背中ニキビに効果があるボディソープです。

皮脂汚れや古い角質も落としてくれるのでピーリングの効果も期待できます。

そしてアクネオフ デコルテケアボディソープの値段は500円程度です。

 

詰め替え用だとさらに値段が安くなります。

 

このアクネオフ デコルテケアボディソープのボトルは可愛いですが私的には100円ショップなどでお好みのボディソープのボトルを買ってきて詰め替え用を買って使うのがいいかなと思います。詰め替え用の方が値段が安いので^^

そしてここからが大事なのですが、背中ニキビを綺麗にしたいのであれば抗炎症作用のあるボディソープを使った後にしっかりと保湿をすることです。保湿をしないと一時的に背中ニキビが綺麗に治ったとしてもすぐに再発してしまう可能性が高いので、しっかりを背中を保湿することが大事なのです。

お風呂上がりの保湿の重要性

1日の中で一番肌が乾燥する時はお風呂上がりです。特に冬の時期が乾燥しますが夏場でもお風呂上がりは肌が乾燥します。そしてお風呂上がりが一番保湿に適している時なのです。

お風呂上がりは肌が温まっている状態なので毛穴がバッと開いている状態です。その時にしっかりと保湿をしてあげれば肌の奥まで保湿成分や美容成分が浸透するので効果が抜群なのです。芸能人はお風呂上がり数秒で化粧水をつけるそうです。

Sponsored Links

背中の保湿はお風呂上がりに浴室で行います。タオルで背中を拭いた後に保湿ジェルやクリームをしっかり塗ってあげることで背中ニキビの再発を防ぐことができるのです。

保湿ジェルはベタベタしないものを選ぶべき

お風呂上がりに背中に保湿ジェルを嫌がる方の中で多い意見はお風呂上がりに背中がベタベタすると気持ち悪いというものです。確かにお風呂上がりに保湿ジェルを付けるとベタベタしてしまうものもあります。

背中ニキビを綺麗にするには保湿が必要不可欠なのでお風呂上がりに保湿をしましょう。そこでオススメなのがベタベタしないジェルを付けるのがいいです。服を着ても背中がベタベタせず嫌な感じにならないものもあるので保湿ジェルを選ぶ時は塗っても背中がベタベタしないものを選ぶといいでしょう。

関連記事:ベタベタしないオススメの背中保湿ジェル

ボディソープと石鹸はどっちが背中ニキビに効果的なの?

普段体を洗う時にボディソープを使う方石鹸を使う方に分かれるかと思います。この2つの違いは固形か液状かの違いです。そこまで違いはなさそうですが含まれている成分が全然違います。

実は固形石鹸は3年近く持ちます。しかし液状のボディソープは3年もすれば中身が腐るので使うことができません。ボディソープがすぐに腐ってしまう理由は水分が多く含まれているからです。

固形石鹸は脂肪酸と水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを反応させただけの単純なもので水分は含まれていません。しかしボディソープは石鹸に含まれている成分に加えて水分が奥含まれています。

キッチンやお風呂を思い浮かべていただけるとわかると思いますが、水分があるところはすぐにカビが生えてしまいますよね。それがボディソープでも起こってしまうのです。

ボディソープは腐るのが石鹸よりも早いですが長くても1年近く持ちます。ですが、それが逆に危険なのです。ボディソープを1年間腐らず持つ理由は防腐剤が含まれているからです。

防腐剤は背中ニキビをさらに悪化させる?

ボディソープは水分が含まれているので固形石鹸よりも腐るのが早いです。そこで防腐剤を入れているのですが、この防腐剤は主にパラベンというものが多く含まれています。

パラベンという防腐剤の正式名所はパラオキシ安息香酸エステルと言うのですが、肌への刺激がかなり強く湿疹や炎症、アレルギーを起こす方も出てくるくらい危ないものです。背中ニキビがない方でもこのような症状が起こる可能性があるので、背中ニキビがある方は尚更オススメできません。

市販のボディソープは背中ニキビができている方には刺激が強すぎるので防腐剤が含まれているボディソープではなく石鹸を使うことをオススメしています。

背中ニキビは石鹸が一番

泡石鹸

先ほども紹介したように石鹸には水分がないので防腐剤が入っていません。洗浄や抗炎症作用などの成分のみが含まれている石鹸がほとんどなので背中ニキビを改善したいのであれば石鹸を使うのがいいでしょう。

石鹸を使うにあたって面倒なのが泡を立てることです。しかもキメ細かい泡を立てないと背中ニキビの原因菌であるアクネ菌を減らすことができません。というのも背中の毛穴は0.1mmと小さいので細かい泡を作れる石鹸を使う必要があります。

0.1mmと小さい毛穴の奥までしっかり洗浄をしてくれる石鹸はドラッグストアではほとんど取り扱っていないのが現状です。

背中ニキビの効果がある石鹸は泡石鹸!

泡石鹸は普通の石鹸よりも泡が立ちやすく毛穴の奥まで洗浄してくれるので背中ニキビに効果がものすごく期待できるのです。しかし市販されているものはうまく泡が立てられなかったりベチャベチャとした泡しか作れない石鹸が多いです。

背中ニキビをしっかり治したいのであれば
  • 抗炎症作用がある
  • キメ細かい泡を作れる

この2つが当てはまる石鹸を使うべきです。

関連記事:背中ニキビに効果がある石鹸オススメランキング


読むと勉強になる背中ニキビの知識

Sponsored Links
ニキビに効果がある成分
よく読まれています
ニキビじゃなくてマラセチア毛包炎かも!?