Q&A

レチンAクリーム0.025%と0.05%の違いは?

レチンAクリーム0.025%と0.05%の違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

レチンAクリーム0.025%の効果

レチンAクリーム0.025%は、ビタミンAの誘導体であるトレチノインが有効成分の外用剤です。トレチノインはもともと、皮膚科でニキビ跡の治療に効果効能があるとして使用されていました。

そしてスキンケアの方面からも注目され肝斑、いわゆるシミやそばかす、しわの改善にも使用されるようになりました。肝斑治療は、トラネキサム酸やビタミンC、Eなどの内服が効果的とされていますが、即効性はありません。

レチンAクリーム0.025%を使うと数日で皮膚の角質の剥離が起こってきて、ぼろぼろと落ちていきます。これは古い角質が生まれ変わっているためです。このように新陳代謝を高め、シミやしわを取り除けるのです。

このように、レチンAクリーム0.025%のビタミンAは皮膚のターンオーバーを促進するので、大変注目されています。

引用元:レチンAクリーム0.025%

スポンサーリンク

レチンAクリーム0.05%の効果

レチンAクリーム0.05%は、主成分であるトレチノインには肌のターンオーバーを促進する強力な効果があり、シミ、そばかす等の色素沈着トラブル全般に効果効能を示します。主にニキビ、シミ、そばかす、肝斑などの改善に効果を示します。

塗布後の皮膚は急激に生まれ変わりを繰り返し、非常に敏感な状態になるため、保湿クリーム等で潤い保ち、日中はなるべく紫外線を避けてください。

引用元:レチンAクリーム0.05%