Q&A

濃グリセリンとは?グリセリンとの違いはある?

まず、グリセリンの濃度が84~87%で、濃グリセリンは濃度が95%以上のものをいいます。

濃度を下げることによって、濃グリセリンの効果を下げて使用することが一般的なのですが、その理由は粘度が高すぎて使用に適さないことが多いからです。しかし必ずしも濃グリセリンが適さないわけではありません。

ニキビが出来てる原因の1つの肌の乾燥があります。濃グリセリンは高い保湿力と吸水力があります。グリセリンの濃度が高い分その効果はより一層高まります。

さらに濃グリセリンは空気中に触れた状態で放置しておくと重量の半分近くの水分を吸収することが出来ます。つまり濃グリセリンを肌に使うことによって水分を吸収する力が発揮されるので、水分を逃がさず肌にとどめておくので保湿の効果がかなり高いのです。

“ここがポイント!”

濃グリセリンの方が保湿力が高い

乾燥対策ができるのでニキビの改善と予防につながる

濃グリセリンが含まれているオススメ化粧品

ノンエー
商品名 販売元 オススメ度 総合評価
ノンエー(NonA) PRIMARY ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️  S

商品名 販売元 オススメ度 総合評価
薬用VCボディミスト sibody ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️  S

商品名 販売元 オススメ度 総合評価
jitte+(ジッテプラス) イッティ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️  S