背中ニキビの正しい洗い方は?予防と改善は毎日のお風呂で出来る!

   

背中ニキビが出来てしまう原因の中に背中の洗い方があります。毎日お風呂で背中を洗う時に正しい洗い方をしていないとニキビは改善しません。長期間背中ニキビに悩んでいる方はもしかしたら背中ニキビが出来た時に正しい洗い方をしていない可能性があります。

逆に言えば正しい洗い方をするだけで背中ニキビが改善することもあります。それだけ背中の洗い方は大事なのです。

さらに背中ニキビの改善だけではなく予防もできます。普段の背中の洗い方を改善して背中ニキビに悩む生活から脱出しましょう。

Sponsored Links

背中ニキビの正しい洗い方

背中ニキビが出来ているという状態はどのような状態なのか?というと、肌が不健康で炎症が起きている状態です。肌が健康なら背中ニキビは出来ません。

肌が不健康で炎症が起きているということは、怪我をして傷口が外に出ている状態と一緒です。つまり背中を洗う時にナイロンタオルやボディブラシのように刺激が強い繊維で洗うのは傷口を自ら広げているのと同じことなのです。

背中ニキビの正しい洗い方は『背中ニキビに刺激を与えないように、でもしっかり綺麗に清潔にしてあげること』です。

背中ニキビは外部からの刺激にかなり弱くなっています。洗い方が優しすぎても肌の汚れは落ちませんし、ゴシゴシ洗えば汚れは落ちても刺激が強くて背中ニキビが新しくできたり、ニキビが跡になってしまったりと、洗い方がかなり重要なのです。

もし、背中ニキビで悩んでいて背中を洗い方を普段と同じにしているという方は洗い方を正せば綺麗になって着るはずです。

→ 背中ニキビに即効性のある体の洗い方は?手洗いが良いって本当?

お風呂で洗う正しい順番は?

背中を洗う時は洗い方と洗う順番が大事になってきます。

みなさんはどこから体を洗うでしょうか?

洗う流れは頭から下に下がっていくのが一番いいです。つまり頭、顔、体(最初に胸、最後に足)の順番が背中ニキビが出来た時の基本的な洗う順番になります。

最初に頭から洗う理由はシャンプーやコンディショナーが原因で背中ニキビが出来てしまうからです。シャンプーやコンディショナーの成分はニキビの原因菌であるアクネ菌のエサになったり肌荒れの原因になります。背中を洗った後に頭を洗うとニキビの原因菌のエサが背中にいる状態が続くことになるので、背中ニキビが出来る最高の環境になってしまいます。

背中ニキビが出来ていなくても髪から洗うという順番は守りましょう。予防になります。

体全体をシャワーのお湯で流します。いきなりボディソープや石鹸で洗うのもいいのですが、先にシャワーのお湯で流しておくと洗い残しがなくなります。

次に背中以外の部分を洗います。そして最後に背中を丁寧に洗います。背中を最後に洗い理由は洗い残しを含めた汚れをしっかり落として綺麗にするためです。

背中ニキビが出来た時の洗う順番

頭→顔→体(胸→足の順番:上から洗うこと)→背中

この順番で洗ってください。

お風呂上がりの保湿も大事

お風呂での背中の洗い方を正せば背中ニキビは綺麗になってくると思います。予防にもつながります。しかし背中ニキビは顔のニキビと同様に乾燥が原因でニキビが出来てしまいます。一時的に背中を綺麗に洗っても保湿をせず常に背中が乾燥した状態が続けば再び背中ニキビが出来てしまいます。

お風呂上がりの背中は特に乾燥します。脂性の方でも肌が乾燥しているのを防ぐために出ているため健康な状態だとは言えません。

肌が乾燥すると毛穴が小さくなり汚れが詰まりやすくなるので、背中を洗う時にしっかり汚れが落ちないことが良くあります。つまり背中が乾燥していると背中を洗うのがいつも以上に大変になるのです。

背中を綺麗にするためには、背中を乾燥させないことが大事です。乾燥すれば落としたい汚れが落ちにくくなります。汚れが落ちなければ背中ニキビは改善しません。

背中ニキビが出来る原因は乾燥なの?対策は”洗浄”と”保湿”!

どっちが良いの?ボディソープ?石鹸?

ここで悩むのがボディソープか石鹸のどちらを使えば背中ニキビを改善させることが出来るのか?ということです。お近くのドラッグストアに行けば本当にたくさんの種類のボディソープと石鹸があるのでどれを使って良いのか迷ってしまいますよね。

ニキビに効果がある成分が配合されているというモノやシミやシワも改善してくれるモノ、赤ちゃんでも使える肌に優しいモノ、魅力的なボディソープや石鹸がたくさんあるのでどれを選べば良いのかわからなくなってしまいます。

ズバリ、背中ニキビが出来て悩んでいる方は『ノンエー(NonA)石鹸』一択です。

なぜこのノンエー(NonA)石鹸を使うべきかというと、背中ニキビを綺麗にするために必要なグリチルリチン酸ジカリウムという成分が含まれているからです。

このグリチルリチン酸ジカリウムは口内炎や喉の炎症を抑えるための漢方として昔から使われてきました。ニキビに対しては抗炎症作用が期待できる成分です。

背中ニキビの対処法で勘違いされる方が多いのが、「ただ保湿をしていれば治る」「綺麗にしていれば治る」と言うものです。しかしそこまで背中ニキビの改善は甘くありません。背中はニキビが出来る最高の環境です。皮脂腺も多いので皮脂が多く分泌します。汚れも溜まりやすいのでニキビの原因菌にとって最高の環境なのです。

Sponsored Links

人間で言うと部屋の中にあなたの好物の食べ物がぎっしり並べられているような状況です。しかも無料で食べられるとなると食べてしまいますよね・・・。

背中はそのような環境と同じなので背中ニキビが出来てしまうと治りにくいのです。もちろん保湿も洗浄も大事です。でも背中ニキビを綺麗に治したいのであれば、ニキビ自体の炎症を抑えることが優先です。

そのために「グリチルリチン酸ジカリウム」の効果である抗炎症作用が含まれている『ノンエー(NonA)石鹸』を使うべきなのです。

ノンエー(NonA)石鹸をお勧めする理由

ノンエー

グリチルリチン酸ジカリウムが含まれているボディソープや石鹸ならなんでも良いのでは?と思われる方もいるかと思います。確かにグリチルリチン酸ジカリウムが含まれていれば背中ニキビを治してくるはずです。しかしノンエー(NonA)石鹸をお勧めする理由は泡石鹸だからです。

市販のボディソープや石鹸はキメ細かい泡を作ることがかなり難しいです。それはコスト削減で石油化合物を入れているため水分が吸収しやすくなっており泡が立ちにくくなっているのです。その点、ノンエー(NonA)石鹸は余計な成分が含まれていないので、肌トラブルを起こすことがほとんどありません。

キメ細かい泡で背中を洗う理由は毛穴の奥までしっかり洗浄するためです。毛穴の表面の部分だけを綺麗にするなら泡石鹸でなくても良いです。しかし背中ニキビを綺麗にしたければ毛穴の奥までしっかり綺麗にする必要があります。

キメ細かい泡を作ることによってニキビの原因菌であるアクネ菌やマラセチア毛包炎の原因菌であるマラセチア菌を殺菌することが出来るのです。

そして背中の毛穴は約約0.1mmというかなり小さいので、その小さな毛穴の奥までしっかり洗浄するにはキメ細かいボディソープや石鹸を使うべきなのです。

背中ニキビが治らないのは洗い方と石鹸だった?

もし背中ニキビで悩んでいる方は先ほど紹介した洗い方と順番で洗ってみてください。そしてキメ細かい泡を作れるボディソープや石鹸を使ってみてください。

正しい洗い方をしてもボディソープや石鹸によってしっかり背中が洗浄されていないことがあります。それでは正しく洗っても意味がありません。正しく洗っていても背中ニキビが改善されなければ、使っているボディソープや石鹸を変えてみてください

私が使ってみて背中が綺麗になったのはノンエー(NonA)石鹸だったのでお勧めしています。

→ ノンエー(NonA)石鹸の成分は背中ニキビに効果がある?


読むと勉強になる背中ニキビの知識

Sponsored Links
ニキビに効果がある成分
よく読まれています
ニキビじゃなくてマラセチア毛包炎かも!?