体(背中)を石鹸で洗わないのは不潔?お湯だけで汚れや菌は落ちるの?

体(背中)を石鹸で洗わないのは不潔?お湯だけで汚れや菌は落ちるの?
Sponsored Links

芸能人の福山雅治さんやタモリさんが体を洗う時に石鹸やボディソープを使わないのはご存知でしょうか?「えっ!?匂いや汚れは気にならないの?」と私も思いました。

福山雅治さんが石鹸やボディソープを使わないのは個人的にかなり驚きましたが、一切使わない理由は乾燥肌だからのようです。普段の生活で肌が乾燥しない理由は肌に皮脂があるからです。皮脂は汚れやニキビのもとだと思われていますが、実は皮脂は肌の乾燥を防ぐために大事なものなのです。しかし皮脂が過剰に分泌すると毛穴に詰まり炎症を起こしニキビが出来てしまいます。

適度な皮脂は体にいいので石鹸やボディソープを使っていないようです。しかし本当に石鹸やボディソープを使わなくてもいいのでしょうか。

Sponsored Links

体を石鹸で洗わないのは本当に良いのか?

石鹸やボディソープを使わずお湯だけで体を洗うことをタモリ式入浴法というようです。以前テレビでタモリさんが暴露して有名になったのでこのような名前になったようです。そこから芸能人が次々とお湯だけで体を洗っていることを暴露しています。

福山雅治さん以外にも妻夫木聡さんやモデルのローラさんも実は石鹸やボディソープを使わず体を洗っていうようです。

ローラさんもお湯だけで体を洗っているのは驚きです。

お湯だけで体を洗う理由は肌の常在菌を洗い流しすぎないようにするのと、敏感肌の人は石鹸やボディソープを使うとニキビなどになりやすいからというものです。

その代わりに湯船に10分以上使って体の汚れや皮脂を流します。

メリットは乾燥肌になりにくくニキビも出来にくくなること。そして体臭や加齢臭が減る効果もあります。加齢臭が気になる方は朝起きて38℃程度のお湯でシャワーを浴びると匂いが軽減するのは有名な話です。逆に40℃以上のお湯でシャワーを浴びると加齢臭がいつも以上に放ちます。

お湯で体を洗うのはデメリットもあります。本当に汚れが落ちているのか?と不安になりますし、不衛生だと思われがちです。

お湯?石鹸?専門家でも意見は分かれる

専門家でも石鹸やボディソープを使わずお湯だけで体を洗うことに関して意見が分かれています。

肌に存在する常在菌は「美肌効果」を持つもので、酸性の膜を作って外界の汚れやアレルゲンから肌を守る働きをしています。石鹸で洗うと90%の常在菌が失われるので肌トラブルが発生する。(東京医科歯科大名誉教授・藤田弦一郎氏)

入浴だけでは皮脂は落としきれないので、皮脂の分泌が多いポイントは石鹸を使う方が良い。皮脂は時間経過で酸化して肌トラブルを引き起こす。皮膚科医の立場では適所に石鹸を使うべき。(皮膚科美容皮膚科渋谷スキンクリニック・吉田貴子氏)

このように「石鹸を使うべきだ!」という意見と「使わないほうが肌にいい!」という意見があります。吉田貴子氏がおっしゃる皮脂の分泌が多い場所というのは背中のことを言います。体の中で皮脂の分泌が過剰なのは背中なので、背中はしっかりと石鹸やボディソープを使って洗うべきです。

皮脂が毛穴に汚れに詰まると背中ニキビが出来てしまいます。さらに普段服を着ていますので、背中は常に蒸れた状態になります。汗もかきますし皮脂の分泌も過剰になるので、お風呂に入った時に背中はしっかり石鹸で洗うべきなのです。

→ 背中ニキビの正しい洗い方は?予防と改善は毎日のお風呂で出来る!

市販の石鹸は肌トラブルの元になる可能性が高い

背中は皮脂の分泌が多いので石鹸で洗うべきなのですが、市販の石鹸はあまりオススメしません。

その理由は多くの石鹸に「界面活性剤」が含まれているからです。これは水と油を馴染みやすくする物質で石鹸だけではなくボディソープにも含まれています。この界面活性剤は肌に触れると炎症を起こしたりニキビの原因になってしまうのです。

界面活性剤が肌に悪い理由

界面活性剤は洗浄力が高いのでしっかり汚れを落としてくれるイメージですが、汚れだけではなく角質層の潤いである細胞間脂質も一緒に洗い流してしまうのです。細胞間脂質が肌から洗い流されると乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

界面活性剤を使うと肌の潤いがない状態になるのでバリア機能が低下します。さらに肌に潤いがないと皮脂が過剰に分泌して肌に潤いを戻そうと頑張ります。その頑張りのせいで皮脂が毛穴に詰まりニキビを起こしてしまったり、細胞間脂質がない肌は角質同士がくっつく性質があるので古くなった角質がずっと残った状態になります。

この古くなった角質も毛穴に詰まると背中ニキビの原因になるので、界面活性剤は肌トラブルの元になるのです。

石鹸は界面活性剤が含まれていないものを使うべし!

背中の皮脂や汚れを落とすには界面活性剤が含まれていないものだけではなく、しっかり毛穴の奥まで洗浄することが出来る泡石鹸だということがポイントになります。泡石鹸が良い理由は毛穴の奥までしっかり洗浄してニキビの原因菌であるアクネ菌やマラセチア毛包炎の原因菌であるマラセチア菌の殺菌もしてくれます。

さらにもう一つ大事なポイントは使う石鹸が抗菌炎症作用があるかどうかです。抗菌炎症作用がない石鹸を使っても背中ニキビ自体を改善することが難しいので、抗菌炎症作用が期待出来る『グリチルリチン酸ジカリウム』という成分が含まれている石鹸を使うのが背中ニキビの改善と予防に繋がります。

グリチルリチン酸ジカリウムとグリチルリチン酸2kは同じ成分です。

→ グリチルリチン酸2kの背中ニキビへの効果は?副作用はあるの?

Sponsored Links

お湯だけではなく石鹸を使った方が背中は綺麗になる!

泡石鹸

お湯だけで体を洗うのは皮脂が多く分泌する背中には不向きな洗浄方法です。背中はしっかり石鹸で洗ってあげましょう。

背中ニキビに効果がある石鹸オススメランキング!

Sponsored Links

背中ニキビを治すカテゴリの最新記事