マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は市販の薬でも治すことができるのか?良くなる市販薬4選!

マラセチア毛包炎には『ニゾラールクリーム』がオススメですが、

現在市販されていません。

ニゾラールクリームはこちら

ニゾラールクリームは皮膚科で処方される塗り薬です

マラセチア毛包炎はドラッグストアなどで市販されている薬でも綺麗に治すことができるのでしょうか。治すためにはマラセチア毛包炎に効果が期待できる成分が入っているかどうか?が大事なポイントになってきます。

【参考サイト】背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いは?画像で比較してみた!

それとできる場所によっても治し方が変わってきます。主にできる場所は「顔」「背中」「お尻」の3箇所ですが、当サイトは背中ニキビに関する情報を発信していますので、背中にマラセチア毛包炎ができた時に市販薬で治もすことができるのか?についてご紹介していきます。

このページのポイント

  1. マラセチア毛包炎に効果が期待できる薬の特徴は?
  2. 効果が期待できる特徴がある市販薬は?

この2つについてまとめていきます。

スポンサーリンク

マラセチア毛包炎に効果が期待できる薬の特徴や成分は何?

マラセチア毛包炎に効果が期待できる薬の特徴

マラセチア毛包炎を治すためにはどのような特徴がある市販薬が効果的なのでしょうか。まず大事なのが、マラセチア毛包炎はマラセチア菌という真菌が原因で出来ているということです。

真菌というのは簡単に説明するとカビの仲間になります。このカビの仲間である菌が皮膚で増えてしまうとマラセチア毛包炎になってしまうのです。

しかしこのマラセチア菌は人間の肌に住みついている菌としても有名です。あなたの肌にも私の肌にも現在マラセチア菌は住みついていますが、なぜマラセチア毛包炎になる人とならない人がいるのでしょうか。

それは皮脂を餌にして増える特徴があり、肌に皮脂が残っているとそれを食べて増えてしまう。その結果、マラセチア毛包炎になってしまうのです。

顔やお尻、背中は特に皮脂が出やすいのでマラセチア毛包炎になる可能性が高くなるのです。

しかも背中は常に服と肌が擦り合っている状況ですし、風通しも悪いです。それが原因で皮脂が他の場所よりも出て、マラセチア毛包炎になりやすいのです。

つまり、マラセチア毛包炎を治すには、マラセチア菌が増えるのを抑えてあげればいいのです。

効果的な薬は抗真菌の効果があるものがいいのです。抗真菌というのは(真菌=マラセチア菌)に対して(抗=増えるのに対してさからう)効果があるものということになります。

一般的には抗真菌薬とも言われていますね。

つまり、マラセチア毛包炎を治すには抗真菌の効果が期待できる薬を使うのが効果的なのです。

スポンサーリンク

抗真菌の効果が期待できる市販薬は?

マラセチア毛包炎を治すためにはまず、抗真菌の効果がある薬を使う必要があります。

では、市販薬でもマラセチア毛包炎に効果が期待できるものを紹介していきます。

ルリコン

ルリコン

ルリコンクリーム1% 10g
価格:1,680円

<効能又は効果>

白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬
カンジダ症:指間びらん症、間擦疹
癜風

 

アトラント

アトラント

アトラントクリーム1% 10g
価格:1,450円

<効能又は効果>

白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬
皮膚カンジダ症:指間びらん症、間擦疹
癜風

 

アスタット

アスタット

アスタットクリーム1% 10g
価格:1,680円

<効能又は効果>

白癬: 足白癬、体部白癬、股部白癬
カンジダ症: 間擦疹、指間びらん症、爪囲炎
癜風

 

マイコスポール

マイコスポール

マイコスポールクリーム1% 10g
価格:1,200円

<効能又は効果>

白癬:足部白癬,体部白癬,股部白癬
カンジダ症:指間糜爛症,間擦疹,皮膚カンジダ症
癜風

紹介したものは全て市販薬なので、お近くのドラッグストアで買うことができます。しかし「効能又は効果」を見ると、マラセチア毛包炎と書かれているものがありません。実はマラセチア毛包炎を治す薬として置いてある市販薬って探してもないんですよね。なぜ今回これらの市販薬を紹介したかというと、抗真菌薬だからです。

薬の特徴的には効果が期待できます。しかしマラセチア毛包炎を治す薬として出されていないので、効果が出る人とでない人で分かれてしまうことがあります。

つまり市販薬で治そうとすると人によって差が出てきますし、自分での判断となってしまうのです。

私が使ってみて良かった!と思うのは、市販されているものではなく、皮膚科でマラセチア毛包炎と診断された時に処方される「ニゾラールクリーム」でした。このクリームは市販されていませんが、インターネットで購入することが可能です。

ニゾラールクリームはこちら

スポンサーリンク

マラセチア毛包炎に効果が期待できるニゾラールクリームとは?

ニゾラールクリーム

私が使ってみて実際にマラセチア毛包炎に効果が期待できる薬はニゾラールクリームです。ニゾラールクリームは残念ながら市販されていませんので、今すぐにお近くのドラッグストアなどで購入することができません。

ニゾラールクリームを選んだ理由は市販薬を使って効果が出た人が私の周りにいなかったからです。私自身もいろいろ探し回って使ってみましたが、全然よくなりませんでした。物によっては少し悪化したものもあったので、市販薬は使いませんでした。

そこで皮膚科でマラセチア毛包炎と言われた時に出してもらえるニゾラールクリームを使ってみました。

マラセチア毛包炎に効果が期待できる

皮膚科で処方される塗り薬です

ニゾラールクリームはこちら

マラセチア毛包炎の特徴をおさらい

マラセチア毛包炎の特徴

マラセチア毛包炎は赤いポツポツが一箇所に集中してできます。赤いポツポツは背中ニキビと見た目が似ているため判断が難しいことが多いです。そして大きさは背中ニキビよりも小さいのが特長です。

【関連記事】背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いは?画像で比較してみた!

さらにマラセチア毛包炎は痒みが症状として出てきます。背中ニキビは痒くありません。背中に赤いポツポツができて痒みが出てきたら背中ニキビではなくマラセチア毛包炎の可能性が高いです。

そして痒くなって掻いてしまう気持ちもわかりますが、掻いてしまうとさらに酷くなってしまうこともあり最悪の場合マラセチア毛包炎が潰れてニキビ跡のようになって背中に残ってしまうことがあります。なので決して掻いてはいけません。

跡になってしまうとマラセチア毛包炎を治す薬でも治すことができなくなります。

長い間悩んでいるのならマラセチア毛包炎かも・・・

マラセチア毛包炎の悩み

マラセチア毛包炎と背中ニキビは見た目が似ていますが、出来る原因が違います。もし長い間、背中のポツポツが治まらず悩んでいる方はマラセチア毛包炎の可能性が高いです。

「ずっと背中ニキビに悩んでいると思ったらマラセチア毛包炎だった・・・」という人もいいますし、私の体験上、ニゾラールクリームをお風呂上がりに塗って綺麗になってきたので、もし悩んでいるのならニゾラールクリームがオススメです。

マラセチア毛包炎に効果が期待できる

皮膚科で処方される塗り薬です

ニゾラールクリームはこちら