マラセチア毛包炎とは?

マラセチア毛包炎とは?

マラセチア毛包炎とはマラセチア菌が異常繁殖して起こる炎症のことを言います。マラセチア菌というのは人間の肌に常にいる菌「常在菌」です。常在菌なので普段から肌にいるのですが、マラセチア菌は毛穴の皮脂線から出てくる皮脂を食べて生きています

マラセチア菌は毛穴の皮脂を食べて生きますので、毛穴の汚れが溜まっていくとマラセチア菌が繁殖して赤いブツブツが増えてしまうのです。つまり背中にマラセチア菌によるマラセチア毛包炎ができてしまうのは、背中を清潔に保っていないからなのです。

関連記事:背中ニキビが出来る原因は乾燥なの?対策は”洗浄”と”保湿”!

Sponsored Links

読むと勉強になる背中ニキビの知識

Sponsored Links
ニキビに効果がある成分
よく読まれています
ニキビじゃなくてマラセチア毛包炎かも!?

必ず背中ニキビの治す!効果のある治し方を紹介!

CTA-IMAGE 背中ニキビを綺麗に治したい!と思う方に読まれた記事をまとめています。