マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎はエアコンからも発症する?カビが繁殖してしまう危険性も!

マラセチア毛包炎で背中にぶつぶつができてしまう原因は汗をかいて毛穴に汚れがつまり炎症を起こして発症するケースがあります。そしてこれから暑くなる日が多くなりますよね。そこで多くの方が使うのがエアコン。

しばらくぶりにエアコンを使う方は掃除をしてから使ってくださいね。エアコンのフィルターが汚い状態でエアコンを使うとカビや菌を部屋にばら撒くことになるので、マラセチア毛包炎どころではなくなるので気をつけて下さい。

私も暑さ対策で暑い日はエアコンを使います。これで汗を止めて汗で出る汚れが背中につまりマラセチア毛包炎を防ぐこともできますが、エアコンでガンガン部屋の温度を下げるのは非常に危険です。汗によるマラセチア毛包炎は防げたとしても、他の問題が出てきてしまうのでご紹介します。

エアコンを使いすぎると部屋が乾燥してしまう

暑くて部屋をガンガン冷やしたい気持ちもかなりわかります。ですがエアコンで部屋を冷やしすぎると部屋の空気が乾燥してしまうので、肌も一緒に乾燥してしまいます。これがずっと続いてしまうと毛穴に汚れが詰まってしまい結果的に背中ニキビやマラセチア毛包炎に悩まされることになります。

さらに血行が悪化して肌のターンオーバー期間が乱れてしまいニキビの原因と成ってしまう危険性もあります。

部屋が乾燥すると肌はどうなるの?

とにかくエアコンを使い続けると部屋は乾燥します。そして部屋が乾燥すると肌の水分保持とバリア機能を持つ角質が厚くなることで水分の乾燥を防ごうとします。

この乾燥を防ごうとする角質を厚くするという働きが毛穴が塞がってしまう原因なのです。そうなると毛穴に汚れがつまり炎症を起こしニキビやマラセチア毛包炎が発症するのです。

なので部屋の乾燥は結果的に肌にとてつもないダメージを与えてしまうのです。

肌を気遣ってエアコンを上手に使う

まずはエアコンで部屋の温度を下げすぎないようにすることです。さらに長期間使わないことで部屋の乾燥を防ぎましょう。

万が一、マラセチア毛包炎対策としてエアコンを消して脱水症状などになってしまっては困るので、エアコンをつけているときは加湿器も同時に使うことをお勧めします。ない場合は何か大き目の容器に水を入れて部屋に置いておくだけでもだいぶ変わります。

他には血流が悪くなっている可能性もあるので、軽いストレッチをするといいです。本当に簡単でいいです。足を伸ばしたり屈伸をするだけでも変わってきます。ソファーに座った状態で腕を伸ばしたり首を回したりなど血流を良くしてあげましょう。

さらに保湿ケアをしっかりしてください。結構冬は乾燥するから保湿ケアを夏とかよりもしっかりやる方がいますが、エアコンなどで肌は乾燥しますので冬同様に保湿ケアをしてください。

さらに汗をかきますよね。背中は服を着ているのでかなり蒸れて汚れが毛穴にたまりやすくなります。なのでニキビやマラセチア毛包炎になりやすくなるので、しっかり汚れを落とした後に保湿ケアを忘れず行ってください。

エアコンは悪じゃない!

エアコンを使うと確かに部屋が乾燥して肌も乾燥してきます。しかし暑いのに我慢して倒れてしまっては困りますので、乾燥対策、肌の保湿、ストレッチを心がけてエアコンをつけば大丈夫です。