マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎に急に出来た時の対処法は?すぐに治す薬を調べてみた!

マラセチア毛包炎というのは主に夏場にできるものです。夏場にできる理由は汗などの汚れが背中の毛穴に詰まって肌に潜んでいる常在菌であるマラセチア菌が繁殖することでマラセチア毛包炎ができてしまうのです。

つまりマラセチア毛包炎は背中が清潔に保たれていない時にできてしまうのです。なので対処法としては背中を綺麗に保つことです。

しかし常に背中を綺麗に保つことは難しいので生活環境によってはすぐに背中に赤いポツポツができてしまう方もいるようです。そして急に背中に赤いポツポツができてしまうケースがあるのですが、それがマラセチア毛包炎なのか背中ニキビなのかわからないですよね。

マラセチア毛包炎と背中ニキビの違いを簡単にお伝えしますね。

  • ニキビ対策をしても全然治らない
  • 汗をかいたり日焼けをした時に急にポツポツができた
  • 痒みのあるポツポツができた
  • いつもできる背中ニキビとは違う場所にできた

この4つののうち2つ以上当てはまているとマラセチア毛包炎の可能性が非常に高いです。中でも背中ニキビ対策をしても全然治らないのは理由があります。ニキビはアクネ菌が繁殖してできるもので、マラセチア毛包炎はマラセチア菌が繁殖してできるものなのでそもそもの対処法が全然違うのです。

マラセチア毛包炎の原因はカビなのでしっかりした薬を使って治さないといけません。

そして急にポツポツができてしまうのもマラセチア毛包炎の特徴なので、背中ニキビ対策をしても治らないのと急にポツポツができたのが当てはまった方はマラセチア毛包炎の可能性大です。

では、急にマラセチア毛包炎ができてしまった時の対処法についてまとめていきます。

マラセチア毛包炎が急にできた時の対処法は?

マラセチア毛包炎が急にできてしまった時の対処法はニゾラールクリームというイミゾダールが入っている薬でマラセチア菌の繁殖を抑える薬を使うことです。

[blogcard url=”https://senaka-nikibi-20.net/278″]

ニキビ対策で多いのが化粧水と乳液を使うことですが、こん作業をマラセチア毛包炎に行っても効果がありません。これは先ほどお伝えしたように原因が違うからです。なのでマラセチア毛包炎が急にできてしまったらマラセチア毛包炎の原因であるマラセチア菌の繁殖を抑える薬を使うべきです。

その薬がニゾラールクリームという薬です。

マラセチア毛包炎を治す時の薬は市販されてる?

私の体験談からとお伝えするとマラセチア毛包炎を治した時の薬はニゾラールクリームでした。他にもマラセチア毛包炎を治す薬はありますが、ニゾラールクリームは残念ながら市販されていません。

以前は海外から個人で輸入しなくてはいけないほど入手するのがめんどくさいものだったようですが、私はネットですぐに購入することができました。ネットで注文してから3日ほどで家に届いたので思ったよりも早かったです。

[blogcard url=”https://senaka-nikibi-20.net/278″]

もし急にマラセチア毛包炎ができてしまった時はニゾラールクリームを使うことをお勧めします。