AAA評価(非常に評価できる商品)

ノンエー(NonA)で背中肌が悪化して痛い!合わない原因は何?

ノンエー(NonA)を顔だけではなく、背中にも使う人が増えています。私もノンエー(NonA)は顔ニキビだけではなく背中ニキビにも使って改善させましたが、どうやら人によってノンエー(NonA)を使うと肌が悪化してしまう危険性もあるようです。

ノンエー(NonA)で背中肌が悪化してしまう?

ノンエー(NonA)を使うとニキビが多くできてしまう人がいるようで、それを悪化したと思っているようですが、実はノンエー(NonA)を使うと今まで溜め込んできた老廃物を排出しようとするので一時的にニキビができてしまうのです。

これを好転反応といいます。肌荒れなどと間違われやすいものですね。好転反応は肌が改善されるときにできてしまうものなので仕方がないものです。これをおそらく背中の肌が悪化してしまった!!と言っているのでしょう。

しかしこれは肌がキレイになる過程の中であることなので気にすることはないです。

大事なのはノンエー(NonA)を使って好転反応を悪化してしまったと思ってすぐに使うのを辞めてしまうことです。悪化してしまったかどうかを確認するためにも1週間〜2週間は使ってみましょう。

 

 

ノンエー(NonA)を使うと肌が痛くなるの?

ノンエー(NonA)を使って肌がヒリヒリしたり乾燥したように感じる人がいます。敏感肌の人に多いですよね。

ノンエー(NonA)は敏感肌の人にも対応している肌に優しい石鹸なのですが、どうしても敏感肌の人でも肌に合わない人もいるようです。私も敏感肌ですが、ノンエー(NonA)は個人的に全然ヒリヒリもしないし乾燥した感じもなかったです。

もし敏感肌対応のノンエー(NonA)を使って肌がヒリヒリしていたい場合は皮膚科に行くことをお勧めします。我慢して使って余計に肌が汚くなったら困りますので。

そしてノンエー(NonA)を使って肌が痛くなる原因はおそらく洗いすぎもあるかと思います。肌は洗いすぎると皮脂が残らなくなってしまいます。洗うのは大事ですが洗いすぎると皮脂が取れすぎて乾燥肌になってしまいます

ある程度肌には皮脂が必要なので、もしかしたらノンエー(NonA)を使って肌が痛くなる原因は洗いすぎもあると思います。

そしてさらに調べてみるとノンエー(NonA)を使っている人の中には朝と夜の2回使っている方がいます。1日に2回使っている人で肌が痛くなると感じる人が多い印象です。

私の体験上だとノンエー(NonA)は結構汚れを落とすのに優れている石鹸です。なので1日に2回も使う必要はないです。私は夜だけしか使っていませんでした。ボディソープで体を洗う時に背中だけノンエー(NonA)を使っていました。

1日に夜1回しか使わなかったのは、朝使うのがめんどくさかっただけですが笑。

しかしその結果背中肌が改選されてキレイになったので良かったです。洗いすぎには気を付けましょう。

ノンエー(NonA)が合わない原因は何?

ノンエー(NonA)は敏感肌の人だけではなく赤ちゃんにも使うことができると言っていますので、多くの方がノンエー(NonA)を使って肌をキレイにすることができる石鹸なのだと思います。しかし肌に合わない人も少なからずいるわけです。

どのような人がノンエー(NonA)が合わないのでしょうか。その原因も調べてみました。

肌に刺激を与えてしまう添加物が含まれている

ノンエー(NonA)は無添加石鹸なので問題がないですが、普通の石鹸には添加物が含まれているので肌を刺激してしまうことがあります。これが石鹸を使った後に肌がヒリヒリして痛くなってしまう原因です。

アルカリ性が多く含まれていて肌を刺激してしまう

人の肌は弱酸性なのでアルカリ性の石鹸を使うと刺激されます。それが原因で肌がヒリヒリしてしまうことがあるのです。しかしノンエー(NonA)はアルカリ性ではなく、弱アルカリ性です。

敏感肌の人が使う石鹸は主に弱酸性ですよね。弱酸性だと肌への刺激が抑えられるので敏感肌の人でも安心して使うことができます。しかしノンエー(NonA)は弱アルカリ性ですが、そもそもアルカリ性は肌の毛穴や余分な皮脂汚れを落としやすい成分なのです。

そして聞いたことがある方もいると思いますが、石鹸には界面活性剤が含まれています。この界面活性剤は石鹸で肌を洗った後に肌に残っていると悪化してしまいます。ニキビの原因にもなってしまうので、界面活性剤が含まれている石鹸を使うときは洗い残しに気をつけて下さい。

そしてノンエー(NonA)に界面活性剤は含まれているのか?と言われると、実はノンエー(NonA)に界面活性剤は含まれています。

えっ!?!?

ノンエー(NonA)に界面活性剤が含まれてて大丈夫なの?と思われますが、問題ないです。界面活性剤には2種類あって、中には毒性の低いものから発がん性のあるものまで様々です。ノンエー(NonA)に界面活性剤が含まれてても肌に影響がない理由とは?

ノンエー(NonA)は正しく使えば悪化することはほとんどない!

ノンエー(NonA)を使ってゴシゴシ洗うと皮脂ごと洗い流してしまって肌が乾燥して肌環境が悪くなりニキビができやすくなってしまいます。そうなると肌もツッパて痛くなるので、ノンエー(NonA)を使うときでも他の石鹸を使うときでも正しい使い方をすれば問題ないです。