背中ニキビの原因はタバコもあり得る?関係があるのか調査してみた!

背中ニキビの原因はタバコもあり得る?関係があるのか調査してみた!
Sponsored Links

タバコを吸うことは肌にいい影響はありません。顔のニキビだけではなく、背中ニキビにもタバコは影響するのかどうか気になったので調べてみたいと思います。

私はタバコは吸いませんが、私の友達で吸っている人は少し肌が汚い印象があります。背中は見たことがないのでなんとも言えませんが、どうなのでしょうか^^;?

Sponsored Links

タバコが人体に与える影響とは?

タバコを吸っていない人にとっては関係ないのですが、タバコにはニコチンが含まれています。このニコチンは体内のビタミンCを破壊します。市販されてあるビタミン剤でビタミンCの袋には普段タバコを吸う人に向けてという項目があります。

そしてビタミンCは肌にとってかなり大事な栄養素になります。肌のターンオーバーを正常にする働きがあるだけではなく、シミやソバカスが増えてしまう原因にも繋がるのです。

さらにタバコを吸ってビタミンCが破壊されると活性酸素が発生して細胞の老化を早めてしまいます。その結果、老廃物が溜まりやすくなって血液の流れが悪くなります。

活性酸素って何?

活性酸素というのは体内に入ってきた細菌などを排除する役割があります。免疫機能の一部として活躍してエネルギーを作る仕組みの1つでもあります。

活性酸素は過剰に発生すると体を酸化させてその結果、害になってしまいます。活性酸素の過剰発生による体への影響は、老化やシミソバカスができてしまうこと。そして動脈硬化や糖尿病にも繋がり、最悪の場合、癌になってしまうこともあるのです。

タバコは肌を汚すだけではなく人体への影響もかなり大きいですね。普段タバコを吸わないので一度調べてみて良かったです^^

タバコが背中ニキビにもたらすものとは?

タバコは体の様々なところに悪い影響を与えますが、背中ニキビへの影響はどうでしょうか?

まず、肌の新陳代謝が悪くなりますのでターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。ターンオーバーのサイクルが乱れると肌の古い角質が剥がれなくどんどん厚くなります。その結果、毛穴が狭くなるので汚れが詰まると炎症を起こしやすくなるのです。この炎症が背中ニキビということになります。

そして先ほど何度か登場している活性酸素が毛穴に詰まった皮脂を酸化させるので、背中ニキビがどんどん出来ていきます。

さらに活性酸素は他の菌へ攻撃します。皮脂によって異常繁殖してニキビの原因になるアクネ菌にも活性酸素は攻撃しますが、攻撃しすぎて他の細胞まで壊すこともあるのです。その結果、肌に負担がかかり凹んでしまいニキビ跡になってしまうこともあります。

ニキビ跡になってしまう原因の1つですね。

タバコは背中ニキビを作るだけではなく、ニキビ跡になってしまう可能性も出てくるので、もし背中ニキビを治したいと思っている方でタバコを吸っている方は、まずタバコを辞めるところから始めてみるといいかもしれません。

タバコは背中ニキビに多大な影響が・・・

私はタバコを吸いませんし友達も吸っている人がいないので気にしていなかったのですが、一度調べてみるとタバコによる肌への影響がこんなに大きいものだとは思いませんでした。

Sponsored Links

背中ニキビの原因カテゴリの最新記事